バリで車を運転する

Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

バリを旅行する際、移動の手段として、タクシーを利用したり

現地のツアーに申し込むのが一般的ですが、

遠出をしたり、毎日の移動が多い方は、レンタカーを借りるととても便利です。

 

ただ、バリの交通事情は、あまりよくありません。

原付バイクの量がすごく多いので、

左右からいきなり追い越してくるバイクに注意を払い

車線変更を繰り返しクラクションを鳴らし鳴らされながら、

慣れない道を走らなくてはなりません。

 

ですので、極力自分で運転せずに、

車をレンタルして、プラス1000〜2000円ほど払って

現地のドライバーをつけるというのをお勧めします。

 

運転に自信があって自分で運転をしたいというかたは、

旅の前に日本で国際免許を発行してもらい、携帯しましょう。

(*2012年より、以前は協定を結んでいなかった日本の国際免許が法的に認められるようになりましたが、取り締まっている警察によっては通用しない場合もありますので、注意!)

 

ちなみに、私はバリでレンタカーを借りて運転し、

警察の検問に2度ほど遭遇しました。

 

1度目は、東海岸沿いの道をサーフボードをのせて

バリニーズのガイドに運転してもらっていたのですが、

違法行為とされ、罰金¥500ぐらいを払いました。

バリニーズのガイドが言うには、

日本人が乗っていたり、サーフボードを上にのせていると

車を止められて何かとクレームをつけられ、罰金が発生する事が多いようです。

 

2度目は、北部へ移動中に、警察の検問にあいました。

今回は日本人ばかりだったので、また罰金かなと覚悟を決めていたのですが

国際免許をみせると、無事に通過できました。

 

この2度の体験から思うに、

検問は警察官によってスルーできる場合と出来ない場合があるようです。

もし罰金を要請された時は、それほど大きい金額ではない事が多いので、

素直に払う事をお勧めします。

 

日本語でも対応してくれるお勧めのレンタカー会社

CV.RENA

・とにかく安い!ドライバーも頼めます。

PST

・ドライバー&ガイド代込みの1日チャーターです。チャイルドシートやベビーカーのレンタルもでき、車内では子供用のDVDの上映もしてくれます。

 

 

安全で楽しい旅を!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

error: Content is protected !!